ジュン・フクミツの作詞メモ日記

ほのぼのソングライターのジュン・フクミツが、日々思いついた歌詞をメモっていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『どこまで読んだか忘れたページ』

どこまで読んだか 忘れたページ
はじめにもどるか 棚にしまうか

いつのころからか 井戸が干上がり
ゆれる星空が 見えなくなった

どこまで読んだか 忘れたページ
いくらで売れるか 電卓たたく


Lyrics by Jun Fukumitsu
2008/04/14

テーマ: - ジャンル:小説・文学

ゲンジツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『19世紀末ロンドンのすずめ』 | ジュン・フクミツ作詞メモ日記 HOME | 『うでぐみ1回、えがおは100回』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| ジュン・フクミツ作詞メモ日記 HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。