ジュン・フクミツの作詞メモ日記

ほのぼのソングライターのジュン・フクミツが、日々思いついた歌詞をメモっていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『平気で飛び降りるサラリーマンの夢』

きれいな言葉を並べて歌詞を書こうとしたけど
実際、現にきれいな生活を送ってないことに気づいた

ドラマや映画で見てきた世界は
あくまでフィクションかと思い知らされる

そういや、朝すごい夢見て飛び起きたで
実際は飛び起きるんと正反対でかがんだ姿勢

というのもその夢の内容がスゴイねんけど
駅のホームまで降りる階段に段がひとつしかない

しかも高さはビルの70階の高さ
まわりのサラリーマンは平気で飛び降りていくねん

自分もはやいこと行かんとアカンと思いつつも
ビクビクしてたら目が覚めた

これってホンマに歌詞なん?
ちゃんと歌えるん?

あとから曲つけるのん、難儀とちゃう?
え? 作詞メモやから、ええねんって?

今日は、この辺にしといたろ!
って、ここまでちゃんと歌ってや!


Lyrics by Jun Fukumitsu
2008/04/25

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ゲンジツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ウルトラモバイルPC』 | ジュン・フクミツ作詞メモ日記 HOME | 『オレの檻なら快適さ』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| ジュン・フクミツ作詞メモ日記 HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。