ジュン・フクミツの作詞メモ日記

ほのぼのソングライターのジュン・フクミツが、日々思いついた歌詞をメモっていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『マイものさし』(全文)

このものさしで
マイものさしで


世界のサイズ 会社のサイズ
お金のサイズ こころのサイズ

はかってわかる 世間のカタチ
常識的な 世界のカタチ


ナンバーワンも オンリーワンも
そんなのないのが ものさしのはず

それでも違う やっぱり違う
君のものさし 僕のものさし


みんな違って 当然なのに
異質なものを 怖いと思う

自分基準に あてはめようと
マイものさしを 振り回してる


君をはかった そのものさしで
僕にむかって 斬り込まないで!

そしたら僕も 斬り返すから
まるで子供の チャンバラごっこ


そないゆーてる お前の歌も
ひとつのものさし そうちゃうか?

そう言われれば ごもっとも
下げた頭が あがりません


ならば 自分のお尻とか
ビシバシたたいておきますわ

それか 背中のかゆいとこ
ボリボリ掻いておきますわ


このものさしで
マイものさしで


Lyrics by Jun Fukumitsu
2008/07/28-08/02

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

すれ違い | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<風よ 吹け | ジュン・フクミツ作詞メモ日記 HOME | 『マイものさし』(パート6)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| ジュン・フクミツ作詞メモ日記 HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。